〈アイルランド〉見つけた!ヨーロッパ版【冷たいチョコパイ】

Blog
Sponsor

Labas!
meerです。

今回は【スイーツ】の話題。

みなさん海外のお菓子は好きですか?

「甘すぎる」「大きすぎて食べきれない」…など様々な課題もあるわけですが笑

今回は!!

最近、私が初めて食べて感動した日本のお菓子に近いスイーツを紹介します!!!

Sponsor

なにと似てる?

皆さん日本で販売されているロッテの【チョコパイ】ってご存知ですか?

こちらです

私は幼いころから、このお菓子が大好きで、普通に一度に2つ食べたりしていました。(カロリー高いのに)

ちなみに、他のブランドで真ん中の白い部分がマシュマロの商品がありますが、それは嫌いです。笑

ロッテのチョコパイの白い部分は、白い部分がマシュマロではなく固めのクリームっぽい感じなんですよね。(伝われ)

もちろん、アイルランドでこのロッテのチョコパイは購入したことがないのですが

なんと

似ているスイーツを発見したんです!!

欧州版チョコパイ

ロッテのチョコパイ類似品…

こちらです!

デデン!

有名なKinder社からの商品なんです

Kinder社といえば

このチョコレートや、”Bueno”という種類が有名だと思います。

ですが、

今回ご紹介するのは

Penguin

(ペンギン)

という商品です。

おそらく商品の名前の由来は、

中身がモノクロであること、また冷やして食べると美味しさが倍増することから…

であると信じています。笑

中身はこんな感じで、

ロッテのチョコパイと比較すると、スポンジは少なく軽め、バー状になっていて食べやすい。

中の白い部分は、冷やすと15倍ほど美味しくなります。

必ず冷蔵庫で保管してほしいです。(お願い)

サイズもロッテのチョコパイよりは小さく、罪悪感がありません。(カロリーは高いですが)

価格

4本セットで販売されていることが多く、そちらの方がお得でもあります。

アイルランドのスーパーマーケット

SuperValuでは

4本入りで1.99ユーロ

(1本あたり0.50ユーロ

で販売されているようです。

※どうやらTescoでも販売している模様。

おわりに

一時帰国もなかなかできず、日本の食べ物があっても高くて手が出しづらかったりします。

そんなとき、このような類似品で美味しいものを見つけると小さいことですが、嬉しくなります。

その上、今回ご紹介したKinderのチョコパイ(←勝手に改名)は本当に美味しかったので、みなさんもぜひスーパーマーケットで見つけたら購入してみてはいかがでしょうか♩

では、また何かあったらシェアします。

Bye-bye!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました