〈アイルランド〉海外に住んで感じる食生活の違いに気づいた話(調味料編)

Blog
Sponsor

Hallo!
meerです。

今回は【食生活の違い】について気付いたこと。

その中でも、調味料についてピックアップして書いてみたいと思います。

Sponsor

日本人と言えば

日本人がよく使う調味料と言えば、

醤油、味噌、みりん、めんつゆ、酒、コンソメ…

などが挙げられるでしょうか。

使い方としては、醤油・みりん・酒などを”組み合わせて”使うことが多いですよね。

アイルランドでは、アジアンスーパーに行けば欲しい調味料は大体入手できます。

※値段が高いのは抜きにして。笑

普通のスーパーでは、醤油・味噌あたりはよく見かけます。

私は味噌は購入したことはありませんが、醤油に関しては、メーカーを問わなければ比較的安い価格で入手可能です。

※キッコーマン醬油は普通のスーパー(テスコ)にもありますが、150mlボトルで2.99ユーロ、1Lで9ユーロします。庶民なので買ったことはありません。

海外の方は何使うの?

私の身の回りで起きたことについてしか言及できませんが、よく見かけるのは

塩、ケチャップ、マヨネーズ、各国の代表的な有名調味料(パウダーなど)、オイスターソース、オリーブオイル、サワークリーム…

などを駆使している印象です。

そして、国によってはハーブなどの香草類をなくしては料理が成り立たん!といわんばかりに、毎度料理に使っているのも見かけます。笑

日本は既製のドレッシング類が充実しているように思えます。(キューピーのドレッシングとかすごい種類ありますよね。)

ヨーロッパでは、日本より既製のドレッシングの種類は少ない印象。

それに加えて、簡単に自分でササっとソースを手作りする人も多い印象です。

色々な英語サイトのレシピを見てもシンプルに塩だけの味付けで、素材の味を活かしたレシピも多いなぁという風に感じます。

アイルランドに特化した話を書くと、グレイビーソースのインスタントものが安く販売されていたりします。(お湯をいれて混ぜるだけで非常に簡単便利おいしいので、YouTubeかブログで今後紹介しますね。)

身近な人と比べて思うこと

先述したように、日本人といえば「醤油!」などがすぐ浮かんでくるわけですが、私のヨーロッパの友人は「自ら醤油を買う」という行為も生まれて以来、したことがないのです。

「なにか作ろう!食べよう!」と自分の中で決めたとしても、醤油なんていうワードは念頭にすらないわけです。

私はこれについて自分の頭の中で考えていたときに、単純にこの違いが面白いなぁと思いました。

日本で今まで当たり前のように生活してきて、

長年染みついた生活習慣がこちらでは当たり前ではなく、

その上、違うスタンダードがこちらには別に存在している…。

そして醤油など日本でメジャーな調味料で料理すると、美味しい!というリアクションをいただきます。笑

なんだか、同じ世界にずっと住んでいるのに、不思議な感じです。

存在しても手を出さなかったり、知らないだけで、こんなに違うんだなぁと。

おわりに

だからなんだ!というオチはないのですが、単純にこの違いに気づいたよ。という記事でした。

日本特有の調味料があれば基本的には満足してしまう私ですが、この気づきを通して、世の中にはまだ知らない美味しいものが必ずあると思うので、ぜひ発掘して楽しみたいな!と思った次第です。

美味しいものを探す旅は続く…。笑

なにかあったらシェアします。

では、Tschüss!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました