【海外のお菓子】初実食、リトアニアのNOMEDAチョコレート

Blog
Sponsor

Hallo!
meerです。

今回は、頂き物で初めてヨーロッパ・バルト三国のうちの一つ、リトアニアのお菓子を食べたのでご紹介します。

リトアニアといえば、どんなイメージがありますか?

私はロシアに距離的に近い国というイメージです。(雑w)

友人がリトアニアにいる家族からお菓子を送ってもらったということで、その中から私がちょっと個性的でハマった1つのお菓子をシェアします。

Sponsor

NOMEDAチョコレート

今回ご紹介するのは、

NOMEDA CHOCOLATE BAR

トップ画像にしているものが外観です。かなりポップな見た目で怪しい雰囲気が満載。笑

解説すると、これは単なるチョコレートバーではなく「ジャムがウェハースで挟まれており、それがチョコレートでコーティングされている」といった方が正しい気がします。

中身の断面図はこんな感じ↓

最初、中に何が入っているのか知らされないまま(聞いたのですが、昔から食べている本人が中に何が入っているのか知らずに食べていたため…)、とりあえず食べることになりました。

写真から見える通り、両サイドにウェハースがまず入っていて、サクサクした食感。

中のネチョネチョした物体ですが、ジャムかな?と思って食べすすめました。ネットで答えを見ずに食べていましたが「マーマレード風なフルーツのジャムっぽい味がするな」と予想。

後々、ネットで調べてみると原材料のなかに【アップルジュース】という文字が。

ということで、中には少し粘度高めのアップルジャムが入っています。

写真でジャムの中にクリーム色っぽい固体が見えると思いますが、こちらはナッツで、この食感がすごく良い!!

ウェハースのサクッとした感じ、ジャムのネチョっとした感じ、ナッツのポリポリ感。

…今まで食べたことのない組み合わせ!

最初は、ん~海外のお菓子だなぁ~甘い~。なんて思っていましたが、元々ナッツが好きな私は食べすすめるうちに結構ハマりました。

何個かもらったのですが、早々に手元から消えました…。

食べる際は、ぜひお茶かコーヒーをご用意ください。笑

アイルランドではリトアニアンスーパーでも売っているそうです!

ステイホームでなかなか国外に旅行等で足を運べる状況ではありませんが、異国のお菓子にトライしてみたい方、ぜひお試しあれ。

では、Tschüss!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました