〈アイルランド〉国民食レベルの【ポリッジ】とは?~意外に合うもの紹介~

Blog
Sponsor

Hallo!
meerです。

みなさん【ポリッジ】という食べ物はご存知ですか?

私はアイルランドに来るまで、全く知りませんでした。

ポリッジとは一体何者なのか!?

解説していきたいと思います。

では、いきましょー!

Sponsor

ポリッジとは?

ポリッジとは、オートミール(オーツ麦)を牛乳やお湯で煮込んだものを指します。

簡単に言うと、お粥・ミルク粥のようなイメージかな?

アイルランドでは、じゃがいもや小麦が主食ですが、オートミールも負けていません。朝食はほぼ毎日ポリッジ!という友人もいるくらいです。

日本では、お粥が普通に食べられているかと思いますが、あの少しげちょげちょした感じが苦手…という方もいると思います。ねこまんまが嫌いな方は、ポリッジはあまりおすすめではないかもしれません。

私はおじや・お粥が大好き人間ですので、すぐ適応しました。笑

知ったきっかけ

前の職場に商品として取り扱いがあり、同僚が休憩中に好んで食べていたのが知るきっかけでした。

初めのころは存在すら知らなかったので、スーパーマーケットに行っても目に入っていなかったようで、同僚に聞いてから知りました。

第一印象は簡単・短時間で食べれる!イメージ。

ポリッジは健康志向⁉

なんとポリッジは【血糖値が急激に上昇しない】食べ物なんだそうです。

朝に食べられることの多いポリッジですので、一日の一食目としては非常に良い気がしますね。

朝ごはんを抜くことは身体によくないと頻繁に聞きます。逆に朝から血糖値を爆上げする食べ物を食べて身体にびっくりさせるよりも、ポリッジを少しでも摂取してゆるやかに血糖値を上げて身体をいたわるのもいいかも。

価格帯

安いものは1kg1ユーロ程度からあります!

はかりで量ったことはないですが、だいたい一食30~50gを使用するそうです。

メジャーすぎて、ほぼ全てのスーパーマーケットがプライベートブランドでオートミールを販売していると思います。

メーカーによって価格帯にかなりの幅があり、1kg3ユーロほどするメーカーもあります。

※私はそこまで高いのは買ったことがないです。

商品によっては、ある程度味がついているものも販売されています。

カスタムの幅がすごい

ヨーロッパの方は、基本的に甘系ポリッジを食べています。

ですが、日本でお粥に食べなれている私は、しょっぱい系ポリッジも自分で開発して食べています。もちろん甘系も食べます。

今まで食べた様々なカスタムを置いておきます。

しょっぱい系

・シンプル塩ポリッジ
オートミール+お湯+塩+こしょう

・チーズカレーポリッジ
オートミール+お湯+カレーパウダー+チーズ+塩

・TKG(卵かけご飯)風ポリッジ
オートミール+たまご+しょうゆ(+あれば鶏がらスープの素)

・鶏ガラポリッジ
オートミール+お湯+鶏ガラスープの素+ドライタイム

・カルボナーラ風ポリッジ
オートミール+牛乳+チーズ+鶏がらスープの素+ドライパセリ

甘系

・フルーツポリッジ
オートミール+お湯+冷凍フルーツ(何でもOK)+はちみつ

・シンプル甘ポリッジ
オートミール+牛乳(またはデイリーフリーミルク)+はちみつ

・バナナポリッジ
オートミール+牛乳(またはデイリーフリーミルク)+バナナ+ドライココナッツ

・グラノーラ風ポリッジ
オートミール+牛乳(またはデイリーフリーミルク)+ナッツ+ドライフルーツ

・チョコレートポリッジ
オートミール+お湯+チョコレート(またはココアパウダー)+お好みではちみつ+バナナ+ドライココナッツ

・あずきポリッジ【イチオシ★】
オートミール+ローファットミルク+つぶあん
→先日手作りしたつぶあんを使用しました!

※デイリーフリーミルク(オートミルクなど)を使用すると、自然な甘みがあるのではちみつを入れない方がいい場合もあります。好みで調節すると良いと思います。

※シード類(ひまわりの種など)を混ぜても美味しいです。

★デイリーフリーミルクについてはコチラ

手軽に買える!作れる!

スーパーマーケットに行くと、た~くさんの種類のポリッジが並んでいます。

そして、ポリッジと検索すると「鍋で煮込む」という表現をよく目にします。

しかし、私は一度も鍋で作ったことはありません!

基本的に、冷たいものも作れますし、あたたかいものも作れます。

冷たいものは、お水・冷たいミルク等を注ぐだけ。

あたたかいものは、お湯を注ぐか、ミルクを入れて電子レンジに任せるかです。※温めすぎは爆発注意

なので、超簡単です!

時間のないときでも、ささっと量も調節して作ることができます。

材料によっては包丁も使わないですね。

ふやかす時間によって変わる

オートミールは液体に漬け込む時間によって、かなり口当たりが変わってきます。

コーンフレークに牛乳をかける方もいると思いますが、感覚的にはそれと同じです。

長く漬けたらしなしなオートミールになりますし、短い時間であればまだ原型をとどめたまま残ります。

お米でつくるお粥に慣れている日本人やアジア出身の方にとっては、あまり形状の残らないオートミールの食感が苦手という方も多いようです。

もしかすると漬け置き時間を変えてみるのもいいかもしれません。

おわりに

基本的には750gや1kgで販売されているものが多いです。

しかし、ランチ用・出先で食べる用の1食分のオートミールも販売されています。(小さめポットに入っているもの)

ですので、まだ食べたことのない方や「旅行でアイルランドに来て食べてみたい!」という方は、1食分のもので試してみるのもいいかもしれません。※フレーバー(味)付きもあります。

では、Tschüss!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました