〈アイルランド〉JUS-ROLのパイシート自信満々で買ってみたら想像と違った話

Blog
Sponsor

Hallo!
meerです。

最近、アイルランドはもう秋から冬の気候に移り変わってきています。雪は降りませんが。

そんな中、といえば、さつまいも!

今年は一口も食べないうちに、冬になってしまいました。

ということで、駆け込みで突然さつまいもパイが食べたくなり、作ることに!

生地作りは省略したかったのですが、

「中身の餡部分は自分で作りたい…」

ということで、今回は既製のパイシートを使用して作ってみました。

Sponsor

使用するもの紹介

今回購入したのは【JUS-ROL】パイシートです。

アイルランドのスーパーで頻繁に【JUS-ROL】の商品を見かけますが、どうやら元々はご近所スコットランド生まれの会社で、現在はGeneral Millsという会社の子会社となっているようです。

まあ、そんなことはともかく、写真のように箱の中には2ロール分が入っています。

パイシートの値段

テスコで購入。

640gで3.65ユーロでした。

2ロール入っていたので、1ロール320gのようです。

さっそく包んでゆく

では、早速作っていきます。

まず、使用前に2時間30分ほど、冷凍庫から取り出し、常温に放置する必要があります!

袋から開けるとこんな感じ。

しっかり室温に戻してからロールを開いていかないと、生地のひび割れの原因になりますのでご注意を!!

既に生地が伸ばしてあるものなので、すぐに使えます!

適当に切れ目を入れて餡をのせる。

さつまいも餡部分については別記事で語っています。※レシピ写真解説あり

切れ目をいれるだけで、なんだかそれっぽくなりますよね。パイシートを使うのなんて久しぶりなので、こんな感じではないか?と感覚で作っています。笑

今回は1ロール使用、15cm定規くらいの長さで6つ作ることができました。

フォークを使って閉じてみた。

膨らみすぎたりして、焦げすぎたり、爆発しないことを祈ってオーブンへGO。

帰ってきたパイたち

オーブンから帰還!!

はい、ドーン!

今回は焦げませんでした。

正直思ったより、なかなか焼き目がつかず予定より長めにオーブンに入れました。

表面の照り出しなのですが、本来卵黄を使用するのが一番です。

私は今回卵を切らしていて、なぜかオリーブオイルを最初塗ってしまい「あ、違う」と思って、追い牛乳塗りをしました。

が、時すでに遅しで、ちょっと焼き目は上手くつかなかったです。(自分のせい)

次回は最初から牛乳を塗ります。

実食!なんか違う

ということで、見た目はなんとなく上手くいったので、実食しました。

………。

なんか違う!

固め食感!?!?

パイではあるけれど、私の想像よりはるかに固めな食感でした!

もっと私の理想に近いものがあるはず…と思って、食べてから検索してみました。(買う前に検索したらよかったのに。笑)

すると!

もう一種類存在していたことを知ります。

それがこちら。

同じメーカーでパッケージが緑!!

どうやらこちらが私の想像している生地だったようです!

間違えたー!!!!!

というのも、今回使用したものはパイの種類の中でも、“Shortcrust”と呼ばれるものだそうで…。(続く)

パイの種類の違い

ようやく同じパイでも種類によって違うことを知った私。

今回このJus-rolというメーカーで出している2種類に注目します。

①”Shortcrust”
今回購入した種類がこちら。調べてみると、ビスケットのような固めの食感が特徴で、厚め、しっかりめの生地。キッシュやホールのパイの土台、クッキーの土台として使われることが多いそう!(どうりで固かったわけだ。)

②”Puff Pastry”
今回購入すべきだった緑のパッケージの方がこちら。軽め、薄目の生地が特徴で、層をつくりたいとき、土台ではなく上のデコレーション部分や、今回私の本来作りたかったイメージの軽いパイづくりに最適。

とのことです。

確かに、日本の一般的な家でキッシュを作る、というイメージがあまりないので、こんなにパイ生地だけで種類があると考えてすらいませんでした。文化の違いですね。

おわりに

みなさんも来たるクリスマスシーズン「パイシートでなにか作ってみる!」というときは、ぜひ種類に注意してご購入ください!!

また、美味しいものあったら更新しますね。

では、Tschüss!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました