〈アイルランド〉ペースト作り!オレンジ色のさつまいも!?~もはやカボチャ~

Blog
Sponsor

Hallo!
meerです。

今回はタイトル通り、アイルランドで一般的に販売されている【さつまいも】についてです。

さつまいもパイが食べたくなり、ペーストを手作りしようと思い立ちました。

アイルランドに来て、何度かじゃがいもは購入しているものの、隣に売られているさつまいもは実は初購入!!

そこで、買ってみたら衝撃の事実を知ったので書いていこうと思います。

後半には、私の適当さつまいもペーストレシピ(写真付き)も置いておきます。

Sponsor

衝撃!オレンジ色の芋

では、早速さつまいもペーストを作っていこう!と思い、さつまいもを切ってみると…

ドドン!

衝撃のオレンジ色!!!!

全然知らなかったこの事実…。

ハウスメイトにポーランド人がいるのですが、ちょうどキッチンにいたので「このオレンジ色ってヨーロッパで普通なの?」と聞いたところ、ヨーロッパではこれが当たり前なんだそうです!びっくり!

日本のさつまいもは外側は紫色で、内側は黄色のものが普通なんだよね!と伝えたら、逆にびっくりされて想像できない!と言われました。笑

味は同じことを祈りつつ、ペースト作りを進めます。

ペースト作り(写真付きレシピ)

レシピというほどではないですが、写真付きで手順を書いていきます。

使ったもの
●さつまいも(800g)←一袋分全部作って冷凍保存した
●牛乳(50ml)←茹でたあとのさつまいもの水分量をみて調節
●無塩バター(ブロックの0.3mm幅くらい)←大体でOK
●砂糖(小さいスプーン6杯)←グラニュー糖、はちみつ代用可能

①さつまいも皮むき
②茹でる
③マッシュする
④あたたかいうちに無塩バター、牛乳、砂糖をいれて混ぜる
⑤冷ます
⑥完成★

①まさかの白っぽいオレンジ色で不安
②切って茹でたら色が明るいオレンジに。
カボチャか人参に見える!!
③マッシュしたらこうなります
④今回使用したのは砂糖の代わりにグラニュー糖です

作ってみての感想は、牛乳が想像以上に不要だったということ!

写真の牛乳は200mlほど用意しましたが、さつまいもが想像以上に水分を含んでいたため、50mlほどしか使っていません。

おわりに

海外の既製のお菓子は日本人にとって、甘すぎるものが多いのは事実です…。

手作りすると自分で甘さ調整できるので、こちらに来てから日本にいるときより作るようになりました。

みなさんも気になったらぜひ作ってみてください~!

では、Tschüss!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました