〈アイルランド〉そういえば今更気付いた日本と違うところ【窓編】

Blog
Sponsor

Hallo!
meerです。

今回は、まだ書いたことのなかった大したことではないけれど、日本には必ずあってアイルランドにはないものについて。

日本の家って、だいたいの窓に網戸(あみど)ってありますよね。

そういえば、ヨーロッパの家では網戸を一度も見たことがないんです!(少なくとも私は)

最近ふと思いました。

日本の家に住んでいるときは、外から虫が侵入してこないように、窓を開けるときは必ず網戸を閉めていました。

ヨーロッパでは、エアコンが設置されていない家がほとんどなので、窓を開けることが年中を通して多いです。(どんなに寒い冬でも、換気のためにガッツリ一時的に開けたりします。)

私もそのヨーロッパで年中通して窓を開けるスタイルに慣れてきて、網戸について考えることは今までなかったです。

年中開けていますが、虫が入ってきたことはありません。

うむ、なぜだろう。と最近考えるようになりました。

日本よりコバエ的な虫がそもそも少ないからなのでしょうか?湿度、気候の違いが関係しているのか…?

家の中で飛んでいる虫を見かけたことは、現在の家でも、一つ前の家でもありません。

家にもよるのか、部屋の位置にもよるのか…

謎が深まるばかり。

今回は気づいた違いについて書いてみました。

みなさんはどうしてだと思いますか…?

では、Tschüss!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました